Profile

大西 健太郎

―おおにし けんたろう
1985年生まれ。ダンサー、パフォーマンス アーティスト。1985年生まれ。東京藝術大学大学院先端芸術表現科修了後、東京・谷中界隈を活動拠点とする。その場所・ひと・習慣の魅力と出会い「こころがおどる」ことを求めつづけるパフォーマー。「風」をテーマにダンス・パフォーマンス作品の公演をおこなう。2011年に東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と一般社団法人谷中のおかっての共催によるこども創作教室〈ぐるぐるミックス〉の立ち上げより、ファシリテーター、統括ディレクターを務める。2014年より〈風と遊びの研究所〉を開設。板橋区立小茂根福祉園にて他者との共同創作によってつくり出す参加型パフォーマンス〈「お」ダンス プロジェクト〉を展開。2018年南米エクアドルにて「TURN-LA TOLA」の参加アーティストとして、地域住民と共同パフォーマンス〈El Azabiro de La Tola〉の公演をおこなう。
Kentaro, ONISHI
who was born in 1985, is a performer who continually seeks “dance” in encountering the charms of different places, people and customs. After graduating from Tokyo University of the Arts Graduate School, Onishi made the Yanaka neighborhood of Tokyo’s Taito-ku his activity base, and gave performances in alleys, in front of houses, on shopping streets, etc. Most of his dance performance pieces, is called “Wind” as a title, he always observe and draw where “Wind” blowing in thorough his body.  Since 2011 he has served as facilitator and general director of “Guru Guru Mix,” a creative classroom for children organized by the Tokyo Metropolitan Government, Tokyo Culture Creation Project (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture), and Yanaka no Okatte. He is now trying to make another performance series of co-creation with others : participating performance [ Wind Play ].